さとり世代の少ない生活

週5フルタイム労働から抜け出すため現在貯金1500万円目指して労働中

スポンサーリンク

一人暮らしについて

スポンサーリンク

f:id:kamonnn:20181014112345j:plainこんにちは。

 

僕は一人暮らしをはじめてもうすぐ1年になるのですが、セミリタイアを目指す上では実家暮らしのほうが金銭的にはとても有利であることは間違いありません。

 

しかし、一人暮らしにもメリットはたくさんあると感じています。

 

一人暮らしのメリット

①節約スキルを磨ける

一人暮らしだと食費、光熱費等、当たり前ですが使った分だけ自分で払わなければなりません。試行錯誤し毎月できるだけ費用を下げるよう自然と動きますので、お金に関してシビアに考えることができるようになります。

 

②何をするにも自由

好きな時にご飯を食べ、好きな時にお風呂に入って、好きな時に寝る。これが本当にたまりません。ずっと家でダラダラしてても誰にも文句を言われることはありません。

 

③通勤時間の短縮、利便性が上がる

元々の実家が会社から近かったり、都市部にある方にはあまりメリットにはなりませんが、一人暮らしの賃貸だと自由に物件を選べますので、会社から近い場所に住むor駅近物件に住むor利便性の高い都市部に住むといった、自分の生活に合わせて自由に拠点を作ることができます。

 

④自立している感がでる

はい。これはただの自己満足ですね(笑)

実家暮らしでも親の手伝いをきっちりされている方もいると思いますので。

 

 

他にもメリットはたくさんあるのですが、とりあえずはこのくらいにしておきます。

続いて一人暮らしのデメリットを上げていきます。

 

一人暮らしのデメリット

①毎月の固定費(家賃)が発生する。

一番のデメリットはこれですね。毎月容赦なく口座から引き落とされます。他にも食費、光熱費も必ずかかります。

 

②体調面について

僕は一人暮らしを始めてからまだ一度も体調を崩していないのですが、体調を崩した時は誰も助けてくれないので、少し大変かもしれません。一人暮らしだとどうしても食生活にも偏りが出ますのでその点も不安要素になりますね。

 

 

今の所感じているデメリットはこの2点だけです。やはり家賃が一番のネックになりますね。

 

今僕が住んでいる賃貸の家賃は光熱費を全て含めて58000円ほどになっています。賃貸は手取り給与の3分の1が妥当と言われていますが、セミリタイアを目指すならもっと家賃を抑える必要が有ると感じています。

 

ですので、現在家賃を抑えるために引っ越しを検討しています。探せば2万円〜3万円代でも十分に住める場所もあるようです。引っ越しや物件探しについても今後記事にしていけたらと思います。

 

 

拙い文章を読んで頂いてありがとうございました。1日1記事更新を目標にやって行きたいと思います。宜しくお願いします。