さとり世代の少ない生活

週5フルタイム労働から抜け出すため現在貯金1500万円目指して労働中

スポンサーリンク

ぼくのかんがえたさいきょうの賃貸

スポンサーリンク

突然ですがセミリタイア後に生活したい理想の賃貸の部屋をアプリで作ってみました。

 

f:id:kamonnn:20181020163131j:image

 

これが僕の理想の部屋だ!

 

6帖の洋室は、間接照明によってホテルライクを演出。

ベッドの上で好きなだけ眠り好きな時に起きて、机の上で気が向けば気ままにブログを書いたり借りてきた過去のドラマや映画を観たり。そしてまたベッドに寝転がってゲーム三昧。

 

テレビは断捨離する方向で考えているので省きました。テレビがないと6帖でも割とスペース的に余裕ができそうでいいですね。

 

嗚呼、なんて素晴らしい生活なんだ。考えただけで楽しくなってくるぜ...

 

まあでも

室内洗濯機置き場有り!お風呂とトイレはセパレート!

は貧乏セミリタイア生活を送るとすれば贅沢すぎるかもしれませんね。

 

室内洗濯機置き場有りもそうですが、特にユニットバスでは無くセパレートにしてしまうと家賃が一気に跳ね上がるんですよねぇ。

室内洗濯機置き場あるか無いかで5000円、ユニットバスかセパレートかで10000円程家賃が変わります。家賃15000円違うだけでも年間で換算するとかなりの大きな額になりますね...

 

でもセミリタイアしたら会社員よりも自由な所に住めますし、極端な事を言えば利便性なんて考える必要も有りませんので全国を探せばどこかこの物件に近い条件の賃貸が安くあるかもしれませんね。

 

そういう物件をスーモなりで検索したりするのが最近のマイブームになっています。

 

 

はあ.............................

理想と現実のギャップがつらい...

 

今は野望を胸に秘め、会社員を演じていきます