さとり世代の少ない生活

週5フルタイム労働から抜け出すため現在貯金1500万円目指して労働中

スポンサーリンク

日当たりの悪い部屋を内見して恐怖した話

スポンサーリンク

 

f:id:kamonnn:20190113204419j:image

 

どうも〜さとり世代代表、かもんと申します。

 

 

時は2018年9月

僕は、家賃を下げるために引っ越しを考えていました。

 

SUUMOで比較的家賃相場の安い地区に絞り、しばらく探していると管理費込みで32000円の物件を見つけました。

 

SUUMOで部屋の写真を見ると結構キレイで駅からも近かったので、すぐに物件の問い合わせメールを送りました。

 

もしやおとり物件?かと疑いましたがすぐに返事が返ってきて、現在案内可能との事...

 

早速翌日不動産屋に行き、該当の物件を紹介してもらいました。

 

説明を聞くと

バルコニー有り、室内洗濯機置き場有り、駅から徒歩5分、築30年、ユニットバス

 

ユニットバスで少々古い物件ですが条件だけ聞くとそこそこ良い物件だと感じました。

 

 

しかしここで一つ気になった点が...

 

アパート24部屋の内、空室が9部屋

との事...

 

??

そこそこ条件良いのに何でこんな空室有るんだろうと疑問に思いましたが、内見に行ってみる事にしました。

 

 

 

そこで僕はとんでもない恐怖体験をしました...

 

 

まず駅から徒歩5分は本当でした。

 

この時点で僕的にもうこの物件で良さげだな〜♩なんて思っていました...

 

アパートの外観を見ると普通にどこにでもある平凡な外観で特に問題が無さそうでした。

 

 

問題はここからです

 

アパート内に入ると、さっきまで太陽がギンギラ光ってたのに急に暗くなり、まるで昼ドラの事件現場のアパートみたいな暗い印象を受けました...

 

どうやら階数の高いマンションに挟まれてアパートが建っているので太陽の光が全く届いていないようでした。

 

この時点で少し居心地の悪い感じがして不安になったのですが、部屋に入ると更なる衝撃を受けました。

 

 

おそるおそる不動産屋のお兄ちゃんがドアを開けると...

 

むせ返るようなカビ臭...!!

 

部屋の壁が真っ黒になるほどカビが発生していたのです...

 

部屋に入ると小さな虫が無数に飛んでいて、とてもじゃないですけど内見どころの話では有りませんでした。日当たりの悪い所を害虫は好むわけですし、こりゃアカンと思いましたね...

 

別の部屋を案内してもらいましたが、どこの部屋も同じでカビカビの汚部屋でした(^。^)

 

一応契約後は現状回復はするみたいなので、住むとなると壁も全部張り替えてくれるみたいなんですけど、とてもじゃないですけどこんな部屋に住みたくねぇ!と思いました。

 

確かに家賃下げるための引っ越しだけど...

インドアの僕は基本的に自分の部屋にこもるので、気持ちが落ち着く部屋に住みたい...

 

 

確かに事前情報の通り、洗濯機置き場も室内に有り、バルコニーも有る...

 

でも真昼間なのに太陽の光が全く入って来ない&隣の空き部屋がこんなカビカビの部屋だったら悪い病気にかかってしまいそうです...

 

空室が多い理由は日当たりの悪さが理由だったみたいですね。

 

一緒に内見してた不動産屋さんも苦笑いでしたからね...笑

 

結局その後、候補に上がってた今住んでる35000円の物件を内見し引っ越す事になりました。

 

 

今の部屋は角部屋でかなり日当たりが良く、家に引きこもっていてもかなり快適でカビとは無縁の生活を送れそうです。

 

 

半年程前に1人暮らしを始めた友人宅も、日当たりが悪いみたいで結構カビに苦しめられているみたいです。

 

 

物件を当たる時は、

日当たりの確認も忘れずにしないといけない(戒め)