さとり世代の少ない生活

週5フルタイム労働から抜け出すため現在貯金1500万円目指して労働中

スポンサーリンク

いずれは洗濯機を断捨離したいと思う

スポンサーリンク

f:id:kamonnn:20190224201457j:image

 

どうも〜さとり世代代表、かもんと申します。

 

今の賃貸に引っ越してきて4ヶ月が経とうとしています。前住んでた賃貸よりも17000円安い家賃なので、68000円浮いている事になりますが、引っ越し費用が約10万円かかっているので本当の意味で引っ越しによる固定費削減の効果が発生するのはもう後2ヶ月程かかりますね。

 

今住んでる賃貸はとても住みやすく家賃も3万円代なので本当に引っ越して良かったなと思っています。

 

この物件を選んだ最終的な決め手は、「室内に洗濯機置き場が有る」という点でした。

 

室内に洗濯機置き場が有るので、めちゃくちゃ便利なんですけど、いずれは洗濯機を手放した生活をしたいと最近考えるようになってきました。

 

 

洗濯機を手放したい理由は、

決して断捨離にハマりすぎて洗濯機も断捨離したくなったというわけではなく、

洗濯機置き場外置き物件orバルコニー無し物件の家賃がかなり安いからです。

 

 

家でゴロゴロしながらSUUMOの物件サイトを漁るのが日課なんですけど、ある程度都会の地域でも家賃が1万円後半〜2万円前半の物件が思ってたよりも出てきます。

 

 

僕はセミリタイアを決行するタイミングでもっと安い賃貸物件、家賃2万円前後の物件に引っ越したいと思っています。

 

生活費、固定費を極限まで下げてできるだけ働かなくても良い、隠居生活をしたいんだ...

 

 

家賃2万前後の物件に共通する条件として

①築年数が古い

②ユニットバス

③室内洗濯機置き場なし(バルコニーすらない場      

   合も多い)

④駅から遠い

 

この4つの条件はほぼ確実に妥協する必要があります。

 

僕の場合、既に①と②は今の物件もそうなので大丈夫でしょう。

 

④の駅から遠いのも、セミリタイア後は毎日出勤する必要も無いので、少し不便ですが妥協はできそう。

 

 

問題は洗濯機をどうするかですが、確かに洗濯機が有るのは会社勤めだと平日は忙しいし、休日にボタン押すだけでまとめて洗濯できるので便利です。

 

しかし、バルコニーすら無い物件は本当に家賃が安い。

 

今よりも家賃が15000円程下がるので有れば、洗濯機を手放して、コインランドリー生活をしたい。

 

会社を辞めたらワイシャツもインナーシャツも洗濯する必要が無くなるので洗濯物の数もかなり減ります。

 

バルコニー無し物件は敷地内に共用の洗濯機がある物件が多いし、それほど負担にはならないと思います。

 

やっぱり家賃が安いってのは相当魅力的ですね。

 

バルコニー無し物件には以前住んだ事が有ります。完全部屋干しになりますが、不便は余り感じませんでした。もちろんバルコニーが有るに越した事はないですけどね!

 

 

 

とはいえ、まだまだ働いてお金を貯めないといけないのでただの「もしセミリタイアしたらの妄想」ですけどね 笑

 

 

この先また考えが変わるかもしれませんが、洗濯機を手放す事によって家賃が安くなるなら、洗濯機断捨離はアリかな〜と思いますね!